2008年2月の「いっしょにきこう」

 「親子 de リトミック」は せな けいこ 作/絵の『どろどろ』(ポプラ社)です。

「ど」のつくものがたくさんでてくる愉快なお話です。リズミカルな言葉と一緒に楽しいお話もでてきます。 読んだあとに、思わず「ど」のつくものを探してみたくなります。

 「けんばん de リトミック」は なかや みわ 作/絵の『くれよんのくろくん』(童心社)です。

 新品の箱に入っているくれよん達が、箱を飛び出し画用紙に絵を描いていくのですが、くろくんだけ仲間に入れてもらえません。

 くれよん達のやりとりを通して、お友達との関わりや、人それぞれに個性や役割があるのだということを学ばせてくれる一冊です。

リトミックサークル「りずむegg」

カウンター