2007年12月の「いっしょにきこう」

 「親子 de リトミック」はL.V.ベートーベン(1770〜1827ドイツ)作の『ト長調のメヌエットWoO10-2』です。

 この曲はベートーベンの「6つのメヌエット集」の第2曲目にあたります。“メヌエット”とは当時流行していた舞踊曲の種類の一つでゆったりとした3拍子の楽曲に合わせて、宮廷などで踊る時に演奏されていました。

 「けんばん de リトミック」は、湯山 昭作曲の『序曲 お菓子のベルト・コンベヤーより“バウムクーヘン”』です。このピアノ曲集「お菓子の世界」にはいろいろなお菓子が登場します。「序曲」では、“シュー・クリーム”や“ショートケーキ”など、おいしそうなお菓子たちが“ベルトコンベヤー”に乗って、子供たちの目の前を通り過ぎていきます。その中の一曲“バウムクーヘン”。きれいなお皿にのせられ、気品漂う“バウムクーヘン”のイメージが表れています。

リトミックサークル「りずむegg」

話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

カウンター