2007年5月の「いっしょにきこう」

 1〜2歳児グループは、ひろかわ さえこ作の『あめぽったん』(アリス館)です。

 雨の日に、女の子が傘をさしておさんぽしています。そこで、雨の大好きなお友達に出会います。“あめあめぽったん あめぽったん”という リズミカルなひびきが、雨の日を楽しい気分にさせてくれます。

 3〜4歳児グループは、A・トルストイ作の「おおきなかぶ」です。

 犬や猫やねずみなどおなじみの動物が次々と出てきて「うんとこしょ、どっこいしょ」のかけ声で「おおきなかぶ」を引っ張ります。こどもたちが思わず力を込めていっしょに言いたくなるような、力強くおおらかでユーモアあふれるお話です。

 5〜6歳児グループは、あまんきみこ 文、二俣英五郎 絵の「きつねのおきゃくさま」です。

 お腹をすかせた一匹のきつねが、やせたひよこ出会います。 きつねは、ひよこを太らせてから食べることにします。 でも、きつねは食べることができません。そして最後は悲しく切ない結末に...

 愛ってなぁに、勇気ってなぁにと語りかけるような感動的な一冊です。

リトミックサークル「りずむegg」

たたける、ひける♪ 音のでる楽しいえほん 「ピアノ」 と 「たいこ」 楽しい絵本がいっぱいです☆

カウンター