2007年3月の「いっしょにきこう」

 1〜2歳児グループは、J.S.バッハ(1685〜1750年 ドイツ)作曲の『フランス組曲 第五番 ガボット』です。
 この組曲は、バッハが妻であるアンナ・マクダーナにささげた曲です。妻のアンナはバッハの傍らで美しいメロディーをいつも聴いていたことでしょう。

 3〜4歳児グループは、F.F.ショパン(1810〜1849 ポーランド)作曲の『マズルカ 第5番 変ロ長調 作品7ー1』です。 
 ショパンは、ポーランドで古くから伝わる舞曲をもとに独自の“マズルカ”を完成させました。明るく楽しい旋律と軽快なリズムが特徴のこの一曲はショパンのマズルカの中でも、特に有名なものです。

リトミックサークル「りずむegg」

カウンター