2006年12月の「いっしょにきこう」

 1〜2歳児グループは、J・Fブルグミュラー(1806〜1874年 ドイツ)作の『ブルグミュラー25の練習曲より“アベ・マリア”』です。『ブルグミュラー25の練習曲』は今も世界中の子供から大人まで多くの人に親しまれている練習曲です。その中の一曲『アベ・マリア』は教会で奏されるパイプオルガンのイメージして描かれた曲です。

 3〜4歳児グループは、湯山 昭作曲の『序曲 お菓子のベルト・コンベヤーより“バウムクーヘン”』です。このピアノ曲集「お菓子の世界」にはいろいろなお菓子が登場します。「序曲」では、“シュー・クリーム”や“ショートケーキ”など、おいしそうなお菓子たちが“ベルトコンベヤー”に乗って、子供たちの目の前を通り過ぎていきます。その中の一曲“バウムクーヘン”。きれいなお皿にのせられ、気品漂う“バウムクーヘン”のイメージが表れています。

リトミックサークル「りずむegg」

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

カウンター