2006年10月の「いっしょにきこう」

 1〜2歳児グループは、ピエトロ・マスカーニ(1863〜1945 イタリア出身)作の『カバレリア・ルスティカーナ間奏曲』です。日本語では「田舎の騎士道」という意味のこのオペラは、実際に、ある村で起こった愛憎の事件をもとに作られたものでその中の間奏曲です。この美しいメロディーが歌劇をより一層引き立てています。

 3〜4歳児グループは、ピョートル・チャイコフスキー作の(1840〜1893 ロシア出身)『バレエ組曲 くるみ割り人形より〜花のワルツ〜』です。彼の三大バレエの中の一作です。組曲の中の“花のワルツ”は、花たちが舞い、おもちゃやお菓子が一緒になって踊る場面で用いられます。華麗で優雅なこの曲は今でも多くの人に親しまれています。

リトミックサークル「りずむegg」

カウンター